本格的に薬膳料理を学ぶ

どこで学ぶ?

「薬膳のキホン」で少し触れたように「気」「血」「水」のバランスなど薬膳には独特な考え方があります。
このような考え方は中医学のもので、薬膳を本格的に学ぶにはまず中医学を知る必要があります。
学ぶ方法の1つとして通信教育があります。
通信教育では自宅でできることや、薬膳の知識のテキストに加えて実用的なレシピも付属しているケースが多いため、学びながら実践もできることが利点です。
ただし、中医学や生薬の理解など薬膳の学習は簡単とは言えないので、添削指導や質問の機会をうまく利用し習得していく必要があります。
他には薬膳教室に通う方法もあります。
人に直接教えてもらう方が理解は早いですが、教室には料理教室に近い内容のところから専門知識を学ぶための講義を中心にしたところなどいろいろな種類があるので、自分の目的に合った教室を選ぶことが重要です。

資格取得を目指す!

学ぶのであれば、資格取得を目標にするのも良いかもしれません。
今後の仕事にも役に立つかもしれませんよ。
通信教育で薬膳を学ぶ場合は通信講座を修了した証明として資格を取得できるところが多いです。
レベルの高い資格を得るには、そのためにカリキュラムが組まれた学校に通うという方法もあります。
薬膳の資格は基本的に民間資格です。
種類は沢山ありますが、簡単に取得できるものも多く、そこから上位の資格を目指すことができるものもあります。
資格を取った後には、自身や家族だけにとどまらず、世の中へその知識を発信していきましょう!
より多くの方が「薬膳料理」を知り、毎日の食事に取り入れることで健康な身体を手に入れられたら良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る